■心理カウンセリング

こころの専門家であるカウンセラーが、一人一人のこころの問題に向き合って心理カウンセリングをしていきます。

人は身体に不調があったとしても幸せだと感じることはできますが、こころが不調であれば、
幸せだと感じることは難しいのではないでしょうか。

そういったことからも、こころの問題は生きていく上でとても大きな問題です。

心理カウンセリングを通じて、自分の感情や思考の傾向などを深く掘り下げていくことができるようになると、今まで気づかなかった自分を知り、自分と向き合えるようになれます。

自分と向き合うことができると、本当に自分を苦しめているもの、本当に自分がやりたいことなど
頭の中も整理され、生き方の可能性や選択肢も広がってきます。

身の回りに起こる出来事を変える事は出来ませんが、その受け取り方、解釈の仕方を変える事は可能です。
受け取り方を換えれば、ストレスは劇的に減少します。

また、ストレスを回避する方法をブログに書いています。
こちらのブログを参考にしていただいて、うつ病を完全に克服して下さい。

ブログ「こころの休憩室@うつ・自律神経に強い東京都東大和市のあおぞら整体院

■心理カウンセリングの流れ

1、初回面接

初回面接においては、悩み事や解決したい問題の概要を聴かせていただきます。
それに対して、カウンセリングの進め方についてご提案をさせていただきます。
また、問題を解決するためのアドバイスなども積極的にさせていただきます。
場合によっては、他の機関をご紹介させていただく場合もございます。

その上で、私どもの面接を継続的に受けることを希望される場合のみ、継続面接に移行させていただきます。

カウンセリングを受ける場合は、ご納得の上で、受けていただくことが大切ですので、疑問や不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

2、継続面接

継続面接では、まず、傾聴から入ります。
抱えている問題、辛いお気持ちをしっかりと受け止めるところから始めます。
守秘義務がありますので、安心してお話しいただけます。

次に、抱えている問題を整理して、解決するための方法を考えます。
カウンセラーが一方的に解決方法を提示することはせず、クライアントと一緒に解決方法を探っていきます。
なぜなら、クライアントが自ら決めることが最も大切だからです。
カウンセラーはあくまでも、クライアント自己決定をサポートする存在ですので、無理やり意見を押し付けることは致しません。

3、継続面接の終了

継続面接の終了は、クライアントの意志によって決定します。
もう、継続面接は必要ないと思ったら、遠慮することなくその旨を告げてください。
継続面接修了後も、単発の相談は受け付けますので、気軽にお申し出下さい。


あおぞら整体院の心理カウンセリングは、来談者中心療法をベースに行います。

来談者中心療法とは、クライアント中心療法とも呼ばれ、アメリカの臨床心理学者カール・ロジャーズにより提唱されました。
近年では、人間中心アプローチ(パーソンセンタードアプローチ)と呼ばれることもあります。

来談者中心療法では、人間が本来持っている自己実現、自己成長する力が発揮され治癒していくと考えます。

この心理療法の特徴は、来談者(クライアント)を尊重するカウンセリングであり、カウンセラー側の「型」にはめないカウンセリングです。

ですから、「ああしなさい!」、「こうしなさい!」と一方的に指示することはしません。あくまでも来談者(クライアント)の思いを尊重しながら行います。

来談者(クライアント)自身が成長することにより、今後の人生においても、様々な問題を解決できるようになります。

カウンセラーはクライアントに寄り添い、クライアントの成長、問題解決を支援します。

■カウンセリングルーム

・心理カウンセリングは、整体の施術スペースだけでなく、別室の院内カウンセリングルームで実施することも可能なので、安心して心理カウンセリングに集中できます。
(状況により、施術スペースで実施するか、カウンセリングルームで実施するか判断します。)

■セッション料金

■1回(約60分)  6,000円

■回数券(4回分) 22,000円(整体コースと共通利用も可能です)

※心理カウンセリングコースは整体の施術は行いません。

■最後に

こころの問題を抱えていると、身体も悲鳴を上げていることがほとんどです。
身体をほぐして整えてあげると、自然と気持ちもリラックスしてきますので、整体のコースと組み合わせるとより効果的です。

→ご予約はこちらのページからどうぞ