あおぞら通信10月号 vol.203

健康的な身体を作ろう

10月1日から、新型コロナウィルスの流行による緊急事態宣言が解除になりました。今年は新型コロナウィルスの流行が繰り返し起こり、緊急事態宣言が繰り返し出されるという事態になっています。今後も、このような流行の波が起こることが予想されます。再び起こる流行の波に備えるために、私たちにできる事は何があるでしょうか。

新型コロナは、これまでのインフルエンザのように、私たちが上手に付き合っていかなければいけないウィルスとなる可能性が高いです。そう考えると、大切なことはたとえ感染したとしても重症化しないこと。そのためには、基礎疾患をなるべく抱えないようにすることです。特に、生活習慣病と言われているものは予防することが可能です。予防することが可能な病気は、極力予防すること。これが、コロナ対策としてもとても重要となります。

生活習慣病は様々なものがありますが、このうち、厚生労働省がとくに力を入れているのが5大疾病と言われるものです。具体的には、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患です。がん、脳卒中、急性心筋梗塞は、老衰を除くと、日本人の死因の上位3位までを占めています。生活習慣病は、生活習慣を改善することで予防することが可能です。新型コロナウィルスと戦う上でも、生活習慣を改善することが大切なのです。

では、生活習慣病を予防するには、どうすればよいのでしょうか。私は常日頃から「健康を支える3本柱」をしっかりと建てることが大切であるとお話をしています。健康を支える3本柱とは、運動、栄養、休養です。運動には血行を良くし、筋肉や骨を強化し、心理的ストレスを軽減する効果があります。また、免疫力を上げ、体力をつけることから、コロナと戦う身体を作るうえでとても重要です。栄養とは、栄養のバランスがとれた食事をすること。暴飲暴食や、質的栄養失調の状態では、身体を作る良い材料が不足している状態ですので、強い身体を作ることはできません。休養の中心は睡眠です。睡眠不足では免疫力が下がり、感染症と戦うことができないばかりか、様々な病気の原因になります。

健康的な生活習慣を身につけることは、新型コロナウィルスと戦う身体を作るだけではなく、様々な病気予防し、精神を安定させる効果があります。心身ともに健康になるということは、幸せに生きるということです。コロナと戦う身体を作るということは、幸せに生きるということにつながるのだと私は思っています。

あおぞら整体院では、皆さまが幸せに生きることができるように、様々な提案をしています。人それぞれ、困っている背景は様々ですので、その人に合った解決方法があると思います。こんな時代だからこそ、少しでも、皆さまのお役に立ちたいと考えています。日々の暮らしの中に、ぜひ整体を加えて頂き、健やかで幸せな人生を作り上げて欲しいと思います。

★YouTubeチャンネル

いま、新しいYouTubeチャンネルの開設を検討しています。動画の持つ力を再認識したので、これを使わない手はないと思っています。楽しみにしていてください!

 

★【オンライン】人生の学校

「人生の学校」というオンラインイベントを定期的に開催しています。人生を豊かなものにする方法を共に考える学校です。心と身体の健康を守り、幸せになる方法について、皆さんと一緒に考えます。

第12回目のテーマは、「親子関係を考える」です。ZOOMを利用して行います。

日時:10月25日(月)20時~21時半

参加費:無料

お申込みサイトヘは、あおぞら整体院のホームページにリンクを掲載しています。お気軽にご参加ください!

 

★瞑想教室

瞑想を日常に取り込むことによって、心落ち着けたり集中力を増したり、様々な良いことが起こります。今では、世界中の人が、日常的に瞑想を行っています。担当の赤羽先生の都合により、夜の部のみの開催になります。

時間:毎週火曜日20時~20時30分

参加費:1,000円

 

★10月の予定

・金曜日は定休日

・10月25日(月) 人生の学校

フォローしてください!

前の記事

ほっとしたこと

次の記事

公認心理師の試験を終えて