ほっとしたこと

【心と体を整える 東京都東大和市 あおぞら整体院】

 

こんにちは。
院長の三縄(みなわ)です。

 

9月に入り急に冷え込んできました。
気温の変化が急なので体調を崩しがちですね。この時期の風邪症状は厄介なので、体調管理はお互いに気を付けましょう。

 

さて、あおぞら通信9月号が更新されています。
ぜひご覧ください。
https://www.aozr.info/?p=5360

 

あおぞら通信にもありますが、新型コロナ感染について関わった方々には不安な思いをさせてしまったこと大変心苦しく思います。
罹患した先生は無事に回復し、関わった方々にも感染が広がることもなく本当に安心しました。

 

私自身は濃厚接触者ではありませんでしたが、同じ職場ということもあり念のためPCR検査を受け、陰性だったというのも安心しました。

 

 

というのも、ちょうどその頃『献血』をしてきたところだったんです。
(陽性者の血液も連絡をもってスクリーニングできるとは思いますが)

 

 

”コロナ禍で献血者が減って血液不足で困っている”、という記事も目にしていたし、ちょうど休みの日に、市役所に献血カーが来るというのを妻が教えてくれ、妻と一緒に献血をしに行っていました。

 

 

誰にも話したことがないので誰も知らないんですが、、実は私、大学生の頃から献血好きなんです。

 

 

最近はコロナ禍ということもあり行っていませんでしたが、以前はなかなかの頻度で献血に行っていました。

特に大学時代~20代は、しょっちゅう行っていたので、献血ルームの人は(きっとこの子は暇だからマンガ喫茶代わりに来てるんだろう、)と思っていたことでしょう。。

 

 

私がなぜ献血にハマっているかというと、

 

 

お菓子が食べ放題だから、、、

 

 

でもなく、

 

 

ジュースが飲み放題だから、、、

 

 

でもなく、

 

 

 

漫画や雑誌が読み放題だから、、

 

でもありません。。

 

 

過去の思い出が献血ルームに足を運ばせているんです。

 

 

 

それは私がまだ小学生に上がったばかりの頃ですから、もうかれこれ40年近く前のことです。

 

まだ長崎の実家にいた私は、ちょうどその日、仲の良い いとこのいる親戚の家に泊まりに行っていました。気さくな叔父さんも叔母さんも大好きだったし、いとこ兄妹も大好きでしょっちゅう遊んでいました。

 

 

たくさん遊んで、遊び疲れた私たちがぐっすり眠っている深夜に、一本の電話が鳴り叩き起こされました。

 

なんと私の父が、くも膜下出血で危篤状態だというのです!
(もちろん当時の私はくも膜下出血なんてわかりませんが、死にそうだ、というのは認識できました)

 

 

叔父さんの家の車で急いで救急病院に駆けつけました。

 

 

親族が集められ、お医者さんから「命が助かる保証はありません。」という説明がありました。

 

それを聞いた普段は優しく冷静な叔父さんたちが、ドラマのワンシーンのようなんですが、お医者さんの胸ぐらをつかんで食って掛かって声を荒げていたのを覚えています。

 

 

幼い私は、深夜の大病院の薄暗い待合室で(もうお父さんと釣りに行ったりキャンプに行ったり山登りもできないかも。。。)と胸が張り裂けそうな悲しい気持ちでした。

 

 

10数時間にも及ぶ大手術が無事に終わり、父は奇跡的に命を繋いでもらいました。

 

 

回復には時間がかかりましたが、入院して数か月後、病院の屋上でかけっこ出来るほどになり、何度も競争しました。

 

病気の前には、父にかけっこで一度も勝ったことがなかったのに、病気の後は一度も負けることはありませんでした。
(お父さんはあんなに足が速かったのに。。)と、なんだか勝てて嬉しいような悲しいような複雑な思いで、かけっこに勝ったけど、喜んでいいのかわかりませんでした。

 

 

母に「お父さんは、病院の人たちはもちろんだけど、他の色んな人たちにも助けられたんだよ」と言われたことを幼心に覚えています。その当時は輸血とか意味がよくわかっていませんでいたが。

 

 

 

 

その後、中学や高校ではあまり考えたこともなかったのですが、大学で上京してきたら、東京のあちこちに献血ルームがあるのを目にして、、

 

ふと、「あっ、、そういえば、献血してくれる人がいるから、父のように助かる命もあるんだ。お金はないけど、血液ならわけれる!」と健康だけが取り柄の私は思ったのでした。
ついでに「臓器提供意思カード」も持ち歩くようになりました。

 

 

それからちょこちょこ気が向いたときに、暇つぶしにマンガを読みに、、じゃなく献血しに行くようになりました。

 

 

このコロナ禍では、コロナ自体も もちろん厄介なんですが、通常医療を必要とする人が受けられない、というのも本当に深刻な問題ですね。

 

 

私自身コロナ禍で献血を控えていましたが、やはりコロナ禍でも血液を必要とする人がいるはずなので、しっかりと対策をとって、献血可能な時期になったらまた行こうと思います。

 

P.S 熱や咳などの症状、本人またはご家族に体調が優れない人がいる場合は、ご利用をお控えくださいますようお願い申し上げます。
その場合は、当日の急なキャンセルでも構いませんので、遠慮なくご連絡ください。
私たちも、このような状況なので、体調が優れないときは施術を控えさせていただくこともあるかも知れませんので、その際はどうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

東京は一時期に比べて感染者が減少傾向とはいえ、私たちも日々生活しているのでいつ感染するかわかりません。お互いに気を付けましょう。

三縄(みなわ)

 

■042-561-2072

■インターネット予約はこちらからどうぞ(24時間受付中)

—————————
■お知らせ

◆無料メルマガ始めました
あおぞら整体院の無料メールマガジン【あおぞらメール】の登録はこちらからどうぞ。
心と体を整えるのに役立つ情報を不定期でお届けします。
ブログに書けないことも書いています。

ーーーーーーーーーー

新型コロナの影響で、不安感や緊張状態が続いている方も多いと思います。
こういうときは精神的にも身体的にも負担が大きいです。

こんなときだからこそ、免疫力が低下するような不摂生(暴飲暴食、睡眠不足、疲労の蓄積、オーバーワークなど)はできるだけ避けましょう。

心身共にリラックスして血液循環をよくして、良質な睡眠を十分にとり疲労回復させ、免疫力を低下させないようにしてください。

この混乱がどの程度続くかわかりませんが、各自やれることをしっかりやって自己防衛していきましょう。

・手洗いや消毒
・十分な休養
・十分な栄養
・適度な運動
・適度な湿度管理
・十分な換気
etc

私たちも細心の注意を払って、手洗い、施術ベッドやお客様が触れる箇所などしっかり消毒しています。

オンラインメニュー始めました。

心理カウンセリングやコーチングなど、来院しなくてもオンラインでセッションを受けることが出来ます。

詳しくは、→こちらの「オンラインメニュー」をご覧ください。

YouTube、ポッドキャスト

■YouTube

「心と身体のコンディショニング」

■ポッドキャスト

「人生の学校」by渕脇たけし

ぜひご視聴ください。チャンネル登録&グッドボタンよろしくお願いします!

幸せになる整体院

私たちは単に整体の施術をするだけでなく、心理面、運動面、栄養面、生活習慣の改善提案など、健康に関わる総合的なサービスを提供しています。
そして、幸せな人生を歩めるよう、私たちがあなたの応援団として「あなたの幸せ」をサポートします!

1)フィジカル
・整体
・パーソナルトレーニング
・ダイエット指導

2)メンタル
・心理カウンセリング
・コーチング
(※オンラインでも対応)

3)セミナー・講座
・マインドフルネス(瞑想会)
・人生の学校
・整体スクール
・カウンセリングスクール

4)コミュニティ運営
・スタイリッシュエイジングクラブ
・あおぞらランニングクラブ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5847582798-300x200.jpg です

体が辛い、心が辛い、やる気が起きない、だるい、疲れがとれない、眠れない、ストレスがいっぱいなどでお困りの方は、ひとりで抱え込まずに気軽に相談に来てください。無料相談も受付中です。

■042-561-2072

■インターネット予約はこちらからどうぞ

幸せな人生を送るためにコンディショニングを!

痛いとき、不調があるときだけなく、良い状態を保つために定期的に整体でケアすることをおすすめします。

一度調子を崩すと戻すのに時間もかかるし、取り返しのつかないことだってあります。

日頃から身体を整えておくことが不調を遠ざけます。

そうすることで、心身ともに快適な時間が増え、より良い人生を歩めるようになります!

「人生100年時代」

心身ともに健康じゃないと楽しみ尽くせません!

日々を快適に過ごせるように、
やりたいことがやれるように、
行きたい所に行けるように、
楽しく幸せな人生をおくるために、
自分が望む人生を歩むために、

「心身のケアをする習慣」、
「適度な運動をする習慣」、
「身体が喜ぶ食事の習慣」、を取り入れましょう。

これが「今」だけでなく、「未来」も快適に過ごす方法です。

何もしておかない人と、しっかり対策をとっている人とで、将来 大きな差となり、人生が左右します。

あおぞら整体院は「快適な体づくり」をあらゆる角度からサポートします!

あおぞら整体院は「ソフトで優しい」施術にこだわっています

なぜなら、

「あなたが本来持っている自然治癒力を引き出すため」です。

生き物である私たちの身体は、外からの刺激に対して、防御反応を起こし硬くなってしまいます。

一方、優しくソフトで心地よい施術をすると、生理反応で身体が勝手にゆるみます。

さらに、自律神経系もバランスよく働きやすくなり、体が正常に機能しやすくなります。

(ちなみに、整体院によって施術スタイルが大きく異なるので、全ての整体が自律神経に良いとは限りません)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2b6580d0a74aedc0b23a794313453e31_s-300x225.jpg です

あおぞら整体院はメンタル不調にも力を入れているので、都内だけでなく、他県からもたくさんのメンタル不調の方々がいらっしゃいます。

もし、うつや自律神経失調症でお困りでしたら、頭部~首~脊柱を念入りに施術する「うつ・自律神経コース」「心理カウンセリングコース」「トータルケアコース」をおすすめします

■042-561-2072

■インターネット予約はこちらからどうぞ

渕脇代表の著書

「うつ病を出さない環境作りが会社の業績を上げる」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20180319_162255-1-210x300.jpg です

Amazonで購入できますので、ぜひご覧ください!

ご覧になった方は、Amazonの「カスタマーレビュー」(感想)を書いて頂けると嬉しいです。

Amazonのリンクはこちら

※専用の端末がなくても、kindleアプリ(無料)をインストールするとPCだけでなく、スマホやタブレットでもご覧いただけます。
→(参考)kindleアプリ(無料)についての説明ページ

■私たち「株式会社BBコンディショニング」のブログ記事もぜひご覧ください。
https://www.bb-c.jp/

■渕脇代表のブログ記事もぜひご覧ください。
https://fuchilog.com/

企業様での出張整体、コーチング、セミナーも承ります

私たちは、㈱BBコンディショニングという会社を設立し、企業様へ出向いて整体やコーチング、セミナーを行う事業を始めました。

働く人たちが良い仕事をして成果を出すには、チームビルディング、コンディショニングが欠かせません。

人を大切にする強い組織が、長期的に良い成果を出し続けます。

また、より良い仕事をするには、コンディションを整えていないとできません。

働く人たちが疲弊した状態では、パフォーマンスもモチベーションも低下し、会社にとっても、従業員にとっても、お客様にとっても、良いことはありません。

私たちは、整体・コーチング・各種セミナーなどを通じて、人を大切にする社会を作り、幸せな人を増やしたいと考えています。

私たちの活動に興味がある方は、あおぞら整体院まで、お気軽にお問い合わせください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は f1b62095daa0561c29c68e065c627c66_s.jpg です

■042-561-2072

■インターネット予約はこちらからどうぞ

お客様から頂いたご感想

■たくさんのお客様の声を頂いています。→こちらからどうぞ。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aozoraALL-1.1.2-300x143.jpg です

(左から、渕脇先生・三縄先生・赤羽先生)

■042-561-2072

■インターネット予約はこちらからどうぞ

 

あおぞら整体院メールマガジン

あおぞら整体院の無料メールマガジン【あおぞらメール】の登録はこちらからどうぞ

心と体を整えるのに役立つ情報を不定期でお届けします。

ブログには書けないこともメルマガに書いています。

フォローしてください!

前の記事

あおぞら通信9月号 vol.202