あおぞら通信9月号 vol.202

新型コロナウィルス感染症についてのお願い

現在、新型コロナウィルス感染症の感染拡大が続いています。このような状況の中、先月、あおぞら整体院のスタッフの一名が感染し、別のスタッフが濃厚接触者の可能性ありとのことで、自宅待機を余儀なくされました。この事態を受けて、多くのお客様にご迷惑をおかけいたしました。現在では、感染したスタッフは体調も回復し、保健所から通常の生活に戻っても良いという指示を受けました。また、濃厚接触者とされたスタッフも、発症することなく2週間の自宅待機を終えました。日ごろの感染対策が功を奏したのか、あおぞら整体院から感染が広がらなかったことがせめてもの救いです。この経験によって、いろいろなことを考えさせられました。新型コロナウィルスは厄介な感染症だと再確認しました。

以上のような事態を受け、当院ではこれまで以上に、感染対策に力を入れてまいります。そしてお客様にも更なるご協力をお願いしたいと思います。

  • お茶の提供を停止します。
  • 仰向けで施術を受けるときは必ずマスクをしていただきます。
  • 入店時には必ず、手の消毒をしてください。
  • 日頃の体協管理に気を配り、少しでもおかしい(発熱、咳、鼻水など風邪のような症状がある)と思ったら、無理をして施術を受けずに、予約をキャンセルしてください。

また、私たち施術者も、おかしいと思ったら早めに施術の中止を判断いたします。こちらから予約をキャンセルさせていただくこともあるかと思います。このような状況ですので、皆さまの安全のために、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

★パラリンピックに見る強く生きる方法

新型コロナウィルスの感染が広がる中、パラリンピックが開催されました。開催の是非については、いろいろなご意見があるかと思いますが、選手の活躍には学ぶところが多いと思います。障害を持っている方は、健常者に比べるとできないことが多いと思います。しかし、パラリンピックに出ている方々は、自分が持っている能力を伸ばすことを選択した人たちです。できないことを嘆くのではなくて、自分に何ができるのかを追求していくその強さを見習わければならないと感じます。目に見える障害が無い人でも、できないことは沢山あります。一方でできる事も沢山あります。できないことを嘆くのではなくて、できる事に集中して生きていく事の大切さ痛感します。

新型コロナウィルスの流行によって、できなくなったことが沢山あります。しかし、できなくなったことを嘆くのではなくて、この状況でもできる事は何かと考え、その中で気持ちよく過ごすことはできるのではないでしょうか。どんな事態になっても、日々を楽しく、健やかに過ごせるようになりたいですね。

★臨時休業

 9月19日(日)は、資格試験受験のために、臨時休業とさせていただきます。代わりに、翌9月20日(月)は敬老の日は営業します。

 

★【オンライン】人生の学校

「人生の学校」というオンラインイベントを定期的に開催しています。人生を豊かなものにする方法を共に考える学校です。心と身体の健康を守り、幸せになる方法について、皆さんと一緒に考えます。

第11回目のテーマは、「自由と社会」です。ZOOMを利用して行います。

日時:9月27日(月)20時~21時半

参加費:無料

お申込みサイトヘは、あおぞら整体院のホームページにリンクを掲載しています。お気軽にご参加ください!

 

★瞑想教室

瞑想を日常に取り込むことによって、心落ち着けたり集中力を増したり、様々な良いことが起こります。今では、世界中の人が、日常的に瞑想を行っています。担当の赤羽先生の都合により、夜の部のみの開催になります。

時間:毎週火曜日20時~20時30分

参加費:1,000円

 

★9月の予定

・金曜日は定休日

・9月19日(日) 臨時休業

・9月23日(木) 秋分の日でお休み

・9月27日(月) 人生の学校

フォローしてください!

次の記事

ほっとしたこと