こんにちは。院長の渕脇です。

実はわたくし、スポーツ選手のケアが得意です。
もともと、この仕事に興味を持ったきっかけがスポーツだからです。

私は20代のころ、トライアスロンというスポーツにのめりこんでいたんですね。
結構ハードな競技ですので、それなりに体が疲れるわけです。

30歳という年齢が近づいてきたころ、疲労回復というのが問題になってきました。
そこで、誰かに相談しようと思ったんですけど、なかなか相談に乗ってくれる人がいなくて、じゃあ、仕方がないから自分がそういう存在になろうと思ったわけです。
市民アスリートのケアをしてくれる存在に。

そいうわけで、ナショナル整体学院というところのスポーツトレーナー科というところで整体とトレーニングを学んで、スポーツクラブに付属している治療院で修行をしました。
修業時代は、スポーツクラブの会員さんはもちろん、スポーツクラブのインストラクター、近所の部活に励む中高生など、スポーツに携わる人をたくさん施術しました。

昨日も、趣味とはいえソフトテニスに情熱を燃やす方が来てくれました。
50代の男性で、若いころからテニスをやっているので、テニス歴がかなり長い方です。
その方は、もう5ヶ月くらい週一回来てくれているのですが、先週の試合で優勝したと報告してくれました。

その方いわく、
「体が軽く、うまく脱力できた。おかげで疲れなかった。こんな感覚は最近なかった。」

スポーツをやる方は、体を酷使するので、ちょっとした体の使い方の癖で痛めてしまうことが多いです。
一般の方なら問題にならないレベルのちょっとした癖でも痛めてしまうのです。
そういう細かい、マニアックな身体の使い方を考えるのは難しいですけど楽しいですね。
自分もスポーツをやるので、なおさら面白いのかもしれません。

もちろん、長年の、それもとても微妙な身体の癖ですから、一回の施術で改善できるとは限りません。
また、ご自分の努力も必要になります。
定期的に施術を受けることをお勧めします。

スポーツをやる方、ぜひ一度、私の施術を受けてみてください!

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s