こんにちは。院長の渕脇です。

さて、健康を支える3本柱の話の続きです。
今は、休養について話してます。

やはり、究極の休養は睡眠だと思います。
睡眠は身体のダメージを回復させる働きがあります。

したがって、一定時間の睡眠は確保する必要があるのです。

では、どの程度の睡眠時間が必要なのでしょうか?
これに関しては、個人差が大きいために、ここで何時間必要と書くことはできません。

統計的なデータを示すことは出来ても、
その値が、自分にとって最適がどうかはわかりません。

自分にとって最適な睡眠時間は、自分の経験の中から見つけていくしかないのです。

もちろん、その時の体調にもよりますので、その都度最適な時間は変わります。

本当に疲れ切っている方などは、
「寝ても寝ても眠い」
「いくらでも寝てしまう」
と言います。

それは、身体が眠ることを要求している状態なのです。
そういう場合は、時間の許す限り眠ることをお勧めします。

また、逆に、
「眠れない」
「早く目が覚めてしまう」
という問題も同じだと考えることが出来ます。

もちろんこの場合は、悩み事などがあって眠れないというケースもあるので、一概には言えないのですが、
身体が眠りを要求していない、という場合もあると思います。
そういう時は、無理して眠ろうとしないという解決方法もあるかと思います。

私は、子供のころから、寝不足にめっぽう弱く、睡眠をたくさんとらなければいけないタイプでした。
今でも、8時間は欲しいと思っていますが、現実は7時間で程度です。

しかし、知り合いの中には、5時間で大丈夫という人もいます。
先日お会いした方は、一時間半で大丈夫。とおっしゃっていて、とても驚きました。

睡眠8時間と5時間では、毎日3時間も差があるということです。
3時間は大きいなあ、と思うのですが、やはり睡魔には勝てないし、体調を崩すのが怖いので、5時間に減らそうとは思いません。

睡眠は最高のリラクゼーションなので、私にとっては贅沢な時間なのです。

健康を支えるためには、睡眠はとても大切です。
しっかりと寝て、朝からバリバリ活動したいものですね。

 

dbedd88f820acd03e1493f3f5465d8de_s