自律神経のことなら東京都東大和市のあおぞら整体院

こんにちは。
院長の渕脇です。

自律神経失調症。
そう診断されて、「なんだか厄介なコトになった。。。」と思っている方は多いはず。

自律神経失調症って、原因も治療法もよくわかんないし、症状もさまざまではっきりしない、わけのわからない病気というイメージがあります。
だから、そういわれてしまうと、困惑する人も沢山いますよね。

だいたい、その診断に至るまでの過程で、あちこちの病院を受診して、検査しても、「異常ありません。」と言われてたらいまわしにされているケースも多く、そうなると一層、なんだか厄介なことになったなあ、という感じになりますよね。

自律神経の失調は不健康ですよというサイン

明らかにカラダからは異常を示すサインが出ている。
でも、医学(他人が)開発した診断技術や検査方法では、異常を発見できない。
病院では、異常を発見できなければ治療の方法を提示することはできません。
病気は病院で治してもらうものだと思っていると、「厄介なことになった」と思ってしまうのです。

自律神経の失調は、要するに体のバランスが崩れていますよ、というサインです。
もうちょっと平たく言うと、健康な状態からは離れてきていますよと。
だから、健康な状態に戻してくださいな、というサインなのです。

まだ、医学が異常と判断できないくらいの些細な不健康(未病)の状態を、身体は敏感に察知している。
肩こりがひどい、頭痛がする、めまいがする、動悸がする、眠れない、手足が冷える、顔がほてる、などなど、さまざまなサインで知らせているのです。
それを総称して、自律神経失調症というのです。
それならば、心身ともに健康な状態に戻してあげればよいのです。

自律神経のバランスを取り戻す方法

自律神経の失調が起こっている場合は、疲労が蓄積していることが多いので、その疲労を回復させてあげましょう。

不眠は、ひどい肩こりとセットになっている場合がほとんどですので、整体マッサージはりなどを受けてみるとよいでしょう。
悩み事や不安などがあれば、カウンセリングなどを受けて解消することも考えてみてはいかがでしょうか。
不眠が解消されれば、身体の疲労を取ることが出来るようになります。

適度な運動をして、血行を促進しましょう。
運動後にリラックスすることで、自律神経の活動にメリハリがつき、バランスが整ってきます。

食事は、ジャンクフード糖分を控えて、なるべく自然なものを摂り入れましょう。
バランスの悪い食事も、自律神経を乱れさせます。

このように、心穏やかに、健康的な生活を心がければ、自律神経のバランスはやがて整ってきます。

病気は自分で治すもの

病気は病院で薬をもらって治すものである。
そう考えていると、明確な異常が発見できない場合、明確な治療法がないように思われるかもしれません。

でも、本来は病気とは自分の持つ治癒力で治すもの。
治癒力を最大限に生かすには、どういう生活をすればよいのか?
ということを念頭に置けば、解決策はいくらでもあるのです。

また、病院の検査で明確な異常が発見できないということは、事態はそこまで深刻な状態に至っていないとも考えられます。
ですから、生活を改善することで症状を改善させることは比較的容易な場合も、少なくないのです。

1a708c46990b629fe49eab84b581cba9_s

カラダのサインに従うことが健康の第一歩

自律神経の不調は、カラダからのサインです。
今の生活を改めてほしいというお願いなのです。

どこをどのように改めていけばよいのか、工夫が必要な場合もあるでしょう。
家族に協力をお願いしなければいけないこともあるでしょう。

でも、それをやってくださいと、カラダは訴えているのです。

ここはひとつ、カラダの訴えをよく聞いて、生活を工夫してくださいね。