こんにちは。院長の渕脇です。

私は以前、整体師養成専門学校の講師を12年間していたことがあります。
この間に、実に沢山の生徒さんとお話をする機会がありました。
また、整体師という仕事柄、これまたたくさんのお客様とお話をする機会があります。

いずれも、表面的な会話だけではなく、深い話や悩み事を聴いてきました。

これだけたくさんの人たちとお話をしていると、世の中には本当のいろんな人がいるんだなあ、ということを実感します。

その中には、いつも前向きでエネルギーに満ちあふれ充実した人生を歩んでいる人もいれば、いつもストレスにさいなまれ苦しそうに生きている人もいます。
この違いはいったいどこから来るのでしょうか?

いつも充実している人は、「こうありたい、こうなったらいいなあ」というイメージを持っている人だと思います。
いつも苦しそうな人は、「ああはなりたくない、そうならないためには、こうあるべきだ」となりたくないイメージを持っている人のような気がします。

「ああはなりたくない。」というのは、裏を返せば「ああなったらどうしよう。」という不安です。

ブクブクと太って醜くなりたくない。
病気になりたくない。
貧乏になりたくない。
仕事失って路頭に迷ったら困る。

こういうイメージを持っていると、なんだか不安になってきませんか?

一方で、

スリムでカッコいい人になりたい。
健康でいたい。
お金持ちになりたい。
やりがいのある仕事をしたい。

というイメージを持っていたらどうでしょう。
なんだかわくわくしてきませんか?

前者の脳の中には、マイナスのイメージが広がっていますね。
それに対して、後者はプラスのイメージが広がっています。

どちらも、同じようなことを願っているのにもかかわらず、一方は不安になり、一方はわくわくしているのです。

前者と後者の違いは、たったこれだけの違いないのです。
こんな簡単なことで、人生の景色がガラリと変わります。

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

以前に書いた記事「病は気から」に登場した女性も、気持ちを切り替えただけで、生きるのが楽になりました、
ご主人を介護をしなければならないという状況は何一つ変わっていないのに、前向きに生きていこうと決めただけで、ガラリと変わったのです。

さて、これを読んでいるあなたの見ている景色は、どんな景色でしょうか。
なりたくない最悪の景色ですか?
なりたい最高の景色ですか?

どうせなら、なりたい自分に意識をフォーカスしてみませんか?
一瞬で人生が薔薇色になりますよ。