こんにちは。
副院長の三縄(みなわ)です。

今回は、お尻を鍛えるトレーニング(その2)を紹介します。
(以前の記事はコチラ(お尻を鍛えて腰と膝を守ろう!)を参照してください)

お尻の筋肉を鍛えることで、日常動作の安定感が増し、結果として腰や膝への負担が軽くなることが期待できます。(今回のトレーニングは、四つん這いで膝に痛みが出る人には向いていません)

 

では、実際にやってみましょう。

 

STEP.1】
四つん這いになり、頭・肩・背中を一直線にし、手は肩の真下に、膝は股関節の真下につく。顔は床を向く。

ドンキーキック1

 

STEP.2
片脚を後ろに蹴って完全に伸ばす。

ドンキーキック2

 

STEP.3
上げきった位置で1~2秒キープした後、開始位置へ戻し、反対脚も同様に行う。
これを体力レベルに応じて、5~10回×2~3セット行う。

 

◆ポイント◆
・腰を反らさない
・背中を丸めない
・股関節を可動域いっぱいに動かす

 

慣れない骨盤を前傾させたり、腰椎を反らしたりして、背中の筋肉(脊柱起立筋)で補おうとしてしまいます。
そうすると、股関節が完全に伸びたように(完全伸展)錯覚してしまいますが、完全伸展にはなっていません。

だから、背骨と骨盤を反らしたり、丸めたりしないことが大切です。

 

身体の状態は十人十色です。
全てのトレーニングが万人に適しているという訳ではありません。
普段使っていない筋肉を使うと、一時的に筋肉痛になりますが、継続して痛みが強く出るときや、痛みが増していく場合などは、無理をしないようにしましょう。

 

以前は何ともなかったのに、最近いつも身体がダルい、このごろ腰や膝が痛くなったなど身体の「痛み」や、生活習慣を起因とする「病気」は、身体からのサインです。

ちょっと乱暴ですが、いわば火災報知器のようなものです。
何とかしてください!放置したままにしておくと大変ですよ!と身体が教えてくれています。

誤解を恐れずにいうと、こういった痛みも病気もある意味ありがたいものです。

今の生活習慣(睡眠、食事、身体の使い方、姿勢、疲労の取り方、運動、思考癖、オーバーワークなど)のままではダメだよ、と身体自身が教えてくれています。

こういった身体の声をきちんと拾い上げて、身体を大切にしてください。

あなたの今の生活習慣からは、何を減らして、何を増やせばいいでしょうか?

これからも「痛みが出にくい快適な身体作り」のヒントになるような情報をお伝えしてきます。